.

クレカを契約していると一般的には、クレジットカード会社から利用明細書が送付されてきます。

その利用明細書をとっておけばどこの店で何にクレジットカードでどのくらい払ったのか詳細内容が一覧表になっているためこれまで使った一覧を照会することがきわめて簡単で実用的です。

これだけで運用するには少しきびしいかもしれませんが手軽なカード利用の成績表のような感じとして見ることも簡単なため、節約にももってこいです。

且ついま言ったクレジットカードご利用明細の案内があってから通常は十日ぐらいしてから利用代金の送金がされるわけです。

これらのクレカ利用代金明細をよく注意していて何か疑問に思う支払い例えば行ったこともない場所が書かれていたらクレジットカード会社に電話をして確認すればよいというだけでしょう。

本当にカード不正利用のようなユーザー以外による決済が発見された場合でもクレジットカード利用者に問題がないようならほとんどの状況はカード会社がそういったあやしい使用をリストからはずしてくれます。

今日ではこの便利なクレカの利用明細書をパソコン画面で見られるクレカがほとんどです。

どこでどういったものを買ったかを注意しておく習慣にしてカード犯罪を防ぐのはもちろん、家計簿代わりにもぴったりで資産管理もできます(ネットで利用履歴を照会できるブランドは前の引き落とし額や利用可能残高等が見ることができます)。

クレカは上記の点でも非常に有用な道具なのではないでしょうか。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.2012louisvuitttonoutlets.com All Rights Reserved.