.

やっとエントリーする時という場合では、第一に事前準備をおろそかにしてはいけません。77-6-44

トレードを始める前であるならば起こる事を論理的に眺める事ができる余裕があります。77-11-44

だがしかし、トレードの内部へ深入りすると、どう試みても捉え方が客観性を欠くものになり、状況によっては真っ当な判断が出来なくなるリスクがあります。77-17-44

それゆえに自分の考え方が理性的な間に、準備する事が大切です。77-18-44

”事前準備”とは、何はともあれ自分だけの脚本を記す事から始めます。77-10-44

この先の投資状況はこうなってああなるから、円をエントリーするというように、自分なりの台本を書いていきます。77-4-44

次に大事なのは日足チャートを見ましょう。77-15-44

今までの為替相場の値動きを調べて今の相場を見ます。77-14-44

そうすれば、「現時点では割りに高い場面になっているな」とか、それとも「もはや大多数の取引しているからこれから先急に売買してももう遅いな」ということが見えてきます。77-1-44

言うまでも無く今となっては買い(または売り)するのがなすすべがないと思っていたら何もしないで、そこのところは諦めることが大事です。77-13-44

どうやっても物語を妥協しないで売買すると市場にやられて、そればかりか損をすることになる危険性があります。

ただ大体のケースで緻密な自分なりの脚本を描いていると、買い(または売り)がやりようがないという状況にはならないだろう。

実際に外国為替市場が動き出す前のはずだから。

その次は、まずはエントリーしようと検討している通貨の変化を、きちんと把握する事が重要です。

仮に円安が進むはずだという台本を作成したのであれば、該当する通貨の上下動に注目する事が大切です。

市場の変動を注目し始めた状況では、まだドルは上げ下げする素振りを見せることはなく、上や下に多少の動きを繰り返しているだけだろう。

でも、その推移をしっかりと注目しているとある位置で確実に、円安の方向へと動き始めてくる。

この状況で初めて、ドル買いのトレードします。

周到に事前準備を考えておけばその売買で勝つ確率は比較的高くなります。

Copyright (c) 2000 www.2012louisvuitttonoutlets.com All Rights Reserved.