.

外為取引には取引所取引という所があります。普通の外国為替証拠金取引(FX)企業と売買をとり行うものを「店頭取引」と言うのですが、この取引においては取引所を通行させないで取引の対象は外為取引企業になるのです。「取引所取引」という場所はFX企業はとはいっても橋渡し役であるので率直の取引対象は取引所を意味する事になります。その相違をただ今少し比べていきましょう。初めに「店頭取引」のケースは委託している資金は外為(FX)業者にコントロールされているのです。他方「取引所取引」の場面、この資金は全ての額取引所に預託しないとならないと義務化されています。そうする事でもしFX企業が経営の行き詰まりをするというような経験が例えあっても、後者は、取引所によってお金は全てのお金がガードされることになります。外為企業がコントロールしているから、経済環境により会社倒産の巻き添えをに襲われて預けていたお金は保護されないのです。その上税金面からみても両者では規定に相違が存在します。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として月給と合算して申告しなければなりません。けれども確定申告しなくても大丈夫な時もあるらしいので我に共通するかどうか十分確認をお願いします。万が一あなたがビジネスマンでサラリー二千万円以下給与所得以外の利益が20万円以下(いくつかの会社から給料の所得がないこと)といった基準を満たしているのであれば特別という事で確定申告はしなくてよいのです。外国為替証拠金取引(FX)収益が二十万円以上際は確定申告してください。税率は実入りに従い5%〜40%の6個の段階に仕分けられており収益が高いのなら税金も値上がりします。「取引所取引」では、収益があるのであればその他の所得とは別で考え「申告分離課税」のターゲットとなってしまうでしょう。税の割合は全て同じ20%となるのですが、もし損金が確定したしからば「取引所取引」の益として損金分を来年以降に先送りするということができます。上記のように、「取引所取引」の方が安いtaxになるときもあるので検討して検討していった方が良いと思います。特に不慣れな者のケースは、JASDAQ株価の変化や円の動きに日ごと注意して、利潤や欠損分にスリル満点のがために、税金を払うという事態を忘れたかのようになってしまうこともありますので、気をつけましょう。損金は困ってしまいますが、収益が高騰すれば税金も増加するので注目と認識が大事ですね。

Copyright (c) 2000 www.2012louisvuitttonoutlets.com All Rights Reserved.