.

新聞の宣伝、スポーツ新聞、電信柱に張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールで、「債務の片付けします」「多重債務を一本化したくありませんか」という広告を読むことがしばしばです。そのようなものは、「片付け屋」「買取業」「紹介業者」という通称の業者のおとり広告の場合があったりします。こういったものを利用した場合では自己破産申し立てフローの中で最優先の免責認定を手に入れられなくなるパターンが存在します。「整頓業者」とは、ビラなどで借金のある人を引きつけ、相当な手数料をもらって借金整理を行うのですが結局のところ負債整頓は行われず、負債者はより借金スパイラルにはまってしまう失敗がすべてと考えてください。「買取業者」の場合、借金でコンサートのチケットなどをたくさん仕入れさせ債務人から購入した品々を購入額の1割あるいは半値で買い直すという方法を使っています。負債人はその瞬間はお金が手に入りますが、必ずクレジット企業からの購入品の定価の請求が届き、実際は負債を上乗せする結末で終わります。この場合、クレジットカード企業相手の詐欺行為ということになり免責を受けられません。「紹介人」の場合大口の消費者金融から拒絶されるようになった債務者へ、貸出はしないでおいて、提供を可能な違う会社を教えて、高すぎる費用を請求する業種です。手の込んだ苦労で融通してもらえたという口調で報告しますが現実には特に何もせず、ただ審査の甘めの業者を説明しているだけです。この場合も結局のところ負債額を重ねることとなります。

Copyright (c) 2000 www.2012louisvuitttonoutlets.com All Rights Reserved.